鈴木

以前書いた記事、職場やカフェなどよく行く場所の気になる女性にアプローチする方法 の続編で、また別の角度からの具体的な話になります。

女性を口説くために関係を作っていく

スポーツジムに通っているので、ジムネタが多くなりますが。

ジムに行くと、毎回、受付の女性に話しかけています。

今年の3月に入った受付女性で、最近、話すようになった人もいます。

毎回、いろんな話をすると、少しずつ、その女性のことがわかってきます。

年齢、住んでいる場所、独身かなど。

毎週、話しているので、フィーリング、波長もだんだんと合っていきます。

フィーリング
ばくぜんと、また直感的に抱く感情。物事に対する感じ方。気分。感じ。

恋愛に関する話、ジムに関する話など、いろんな話をふることで、どういう話が好きか、どういう感じのジョークに笑うか、などもわかっていきます。

「挨拶する関係」から、「日常会話ができる関係」に変わっていきます。



女性は特に、おしゃべりが好きなので、話すことて大事です。

男性に話しかける、3倍くらい話しかけるつもりが、ちょうどいいくらいです。

それくらい、コミュニケーションて必要です。

話しかけた後は、自分がしゃべり倒すのではなく、相手の話を引き出し、会話を楽しみます。

相手の女性が仕事中の場合は、仕事中ということを考えて、「適度さ」が必要です。

カフェの出会いやスポーツジムの出会いで女性を口説く5つの段階・プロセス

カフェのかわいい店員さんが気になる、ジムの受付女性が気になる、お店の店員さんが気になるという男性は多いです。

店員さんだけじゃなく、スタバやカフェで会うお客さん、スポーツジムで一緒になるお客さんが気になる、というケースもあると思います。



スポーツジムの受付女性、スタバなどのカフェ店員などを例に、話を進めます。

相手女性との関係性について、5つの段階があります。


1、相手に顔を覚えてもらえてない関係(相手はこちらを知らない)

2、挨拶をする関係、顔見知り程度(お互いが存在を認識している)

3、会話ができる関係、少し慣れてきた関係

4、飲みや食事に行ける関係

5、口説いて、男女の関係


あなたは、どうでしょうか?

自分がよく行く場所の店員さんは、挨拶する関係、顔みしりの関係がほとんどかと思います。

社交的な方は、会話をする関係を築けているかと思います。

最悪は、相手に覚えてもらえてない、というケースも多くあります。

カフェやスポーツジムなどよく行く場所に、気になる女性がいる時は、せめて、

「会話ができる関係、少し慣れてきた関係」を作っておくのが理想です。

「話したことがない」という状態だと、口説くのはだいぶ先になります。

「会話ができる関係」ができていると、偶然、別の場所で会った時など、口説くチャンスが訪れたり、男女の関係になることもあります。


ナンパができる人は、挨拶をする関係を作って、会話ができる関係、飲みに行ける関係、そして「口説いて最後までいく」というプロセスを、1日とか短期間でできたりします。

私も昔、調子がいい時は、出会ったその日に、「5までいく」という関係を作ってきました。

女性を口説く5つの段階・プロセスを具体的に実行していく


普通の人や会話が苦手な人が、挨拶をする関係で、いきなり口説くというのは、難しいです。

お互いのことを、よく知らないままです。

「外見で女性を好きになるのがほとんど」なので、顔見知りの関係で、口説きたい、付き合いたいと考える男性が多いです。

気持ちはすごくわかります。

職場やカフェなどよく行く場所の気になる女性にアプローチする方法 の記事で、イケメン俳優の吉沢亮の話を書きました。

先日、テレビ「行列のできる法律相談所」にイケメン俳優の吉沢亮が出た時、「カフェ店員に2年間片思いをしていた」ことを告白していました。

吉沢亮は、カフェの女性店員が気になっていたけど、天気の話しかしたことなかった、誘えなかったと。

付き合いたい、口説きたいと、妄想や想像するのは、悪いことじゃないです。

でも、挨拶だけとか、天気の話だけてもったいないですよね。

吉沢亮のようなイケメンや、女性も男性の方に興味があれば、いきなり誘ってオーケーとなるかとも思います。

そうじゃない普通の男性なら、女性からすれば、「話したことないし、よく知らない人」となります。

なので、まずは、顔を覚えてもらい、会話ができる関係を作っていきます。

挨拶も緊張するという場合は、スタバに行くと、「こんにちは」と挨拶してくれるので、「こんにちは」と返して、挨拶の練習からでもいいと思います。

挨拶をして、こちらの顔、存在を覚えてもらいます。

それができて、次に、当たり障りのない会話をします。

「今日は混んでいるね」など場所の話や、少しずつ、相手のことについての話をしていきます。

お互いに共通点を見つけたら、共通点の話、趣味の話、プライベートな話としていきます。

共通の趣味や話が、親近感を持ちますね。少しずつ距離を近くしていく感じです。

親近感(しんきんかん)とは、
自分と似た境遇・状態の相手や共通の趣味・主義主張などをもつ他者に対し、

実際にはその他者と血縁や「近所に住んでいる。よく一緒に出かける」など、

身近な関係でなくても、「その相手が自分と身近な存在である」と認識・錯覚すること。

そういう感じで、少しずつ、相手との関係を親近感を感じる関係に変えていきます。

そして、飲みや食事に行く関係になり、口説いていきます。


多くの人は、存在を覚えてもらってない状態、顔見知りの段階で、付き合いたいとか妄想をします。

その妄想を現実にするために、1~5までの段階を得て、少しずつ関係を作っていくことをおすすめします。

いきなり口説くという発想ではなく、まずは覚えてもらって、日常の会話をしたり、プライべートな会話をしていくというのが、自然な流れかと思います。

会話の中で、彼氏いるかとかわかったり、飲み行くチャンスとかも出てきたりします。

健闘を祈ります。

婚活や恋愛で第一印象を良くして、確実に彼女と付き合いたいあなたへ

あなたは今、婚活や恋愛はうまくいっていますでしょうか?

うまくいってないとしたら、何が原因でうまくいかないかわかっていますでしょうか?

世の中には、いい女や美女を口説いて、彼女・パートナーにしている男性達がいます。

女性を落とせるかどうかは、最初に出会った時に、どれだけ好印象を与えることができたか、「最初の食いつき」で勝負の大半が決まります。

あなたも、どうやって最初の食いつき、第一印象を上げるかを、いろんな角度から学んで、実践してみませんか?

第一印象だけではなく、モテる男性がどういうことに気をつけているか、思考、会話、ファッション、女性への気使いなど、様々な事を学べます。

今、婚活や恋愛がうまくいってなくても、うまくいく方法を学んで、実践することで、必ず理想の彼女を作ることができます。

⇒ 女性の食いつきを10倍上げる技術 -gravity system-