鈴木

本屋で出会いはあるのか?

本屋で彼女に出会えたら、ドラマみたいでいいですよね。

本屋で出会い、彼女ができるというのは、ドラマだけの話じゃなく、現実にもありますよ。^^

40代男性バツイチでも、また恋愛できパートナーができるようになる

私は40代のバツイチですが、一回り年下のパートナーがいます。

離婚後は、落ち込んだり、自分を責めたりして、臆病になったり、「もう恋愛できないんじゃないか」「自分は女性を幸せにできない」と、1,2年くらい思っていました。

多くの人が、離婚後は、傷ついていたりします。

失恋でも傷つきますが、離婚というのは失恋以上にダメージを受けます。

いろんな別れ方がありますが、感情の浮き沈みがする人もいたりします。

離婚したばかりとか、離婚してまだ数年という人は、ゆっくりと心のケアをすることをお勧めします。


失恋したばかりの方も同様です。

癒される本を読んだり、カウンセリングなどで、話を聞いてもらうのもお勧めです。

心が回復すると、また前向きになれたり、恋愛しよう、パートナーを作ろうという気持ちになります。

恋愛に臆病になっていた40代男性でも変われる

私は、離婚して2年くらいたった時、また恋愛したいなと思うようになってきました。

その時、20代の頃の勢いはなくなっていました。

合コンをやった仲間は結婚をしていて、飲み会や紹介もないし、どうしようと思いました。

仕事が忙しかったのもあり、数年間は、女性に縁のない生活を送っていました。



そんな時、ある音声商材を購入しました。

その音声を何度も聞いているうちに、なぜだか自信がわいてきて、一人で声をかけようと思いました。

「昔、声かけたことがあるし、必要なのは自信だ」と、自分に言い聞かせもしました。

スポーツジムに通い始め、ジムの中で、女性に話しかけるようになりました。

不信がれらた時もありますが、自分の目的のためだったので、あまり気にしませんでした。^^;

40代男性でも、30代女性や20代女性と恋愛できる可能性がある、そんな希望も湧いてきました。

そして、それが現実となりました。

40代男性と30代女性の恋愛も現実になる

ある時、本屋に行った時に、一人で立ち読みをしている女性がいました。

2月の金曜日でした。

数分迷いましたが、思い切って、話しかけました。

鈴木

「こんばんは。本が好きなんですか?」

彼女

「あ、こんばんは。はい、本好きです。」

鈴木

「あの、もしよかったら、お茶行きませんか?少しの時間でも

彼女

「え・・・あ・・どうしよう」

鈴木

「忙しい時は、少しでいいんで」

彼女

「じゃあ、少しだけなら」

数年前なので、忘れましたが、こんなやりとりをして、近くのファミレスにお茶に行きました。

そして、二度目会うことになり、付き合うようになりました。

それが、今のパートナーです。

好きなものが一緒、共通点があると親近感がでる

これまでも何度か書いていますが、

同じ趣味がある、好きな歌手が一緒など、同じ好きなものがある、共通点がある人とは、仲良くなりやすいです。

彼女とは初対面ですが、同じ本屋によく行く、同じような本が好き、という共通点がありました。


金曜の夜など、週末でほっとしているのか、長い時間、本屋の椅子に座って本を読んでいる女性もいたりします。

彼氏がいる子に話しかける場合もありますが、そこは気にせずに、「一つ経験が増えた」と思うと、実際に経験も増えてるし成長していけます。

40代男性なりの恋愛や女性へのアプローチ方法がある

自分自身が、心の中で、「ナンパではなく、彼女との出会いを作る」と思うのも大事です。

そう思うことで、女性の方も、「ナンパではなく、いい出会いがあった」と思ったりします。


女性に話しかける時に、必要な心の持ち方、マインドがあります。

声かけられると、「ナンパだ」と思って、表向きは迷惑がる女性もいます。

でも、そんな女性でさえ、「声をかけられたこと」は、嬉しいと感じたりします。

「女性として声かけられた」「綺麗と思われた」などと思い、女友達に話す時に優越感を感じたりもします。

「女性に声をかけるということは、女性を喜ばせる行為だ」と思い込むと、話しかけらるようになりますよ。

40代男性でも恋愛の奥手や臆病を改善していける

嫌がられないように、会話の内容ももちろん大事ですが、話しかける勇気の方が大事です。

話しかける勇気がないと、始まりませんので。

ものすごい勇気なんていりません。

大事なのは話しかけるほんの少しの勇気です。

恋愛奥手や臆病な気持ちも変えていけます。

ほんの少しの勇気があれば、きっかけはつかめますよ!