鈴木

私は、スポーツジム通いが長いです。

スポーツジムに行くと、いろんな人がいるので、男女の人間観察にも面白いですね。

いろんな出会いもありました。^^

スポーツジムに行くのは、週に4回のペースで、8,9年になります。

スポーツジムも、何か所か行きました。

趣味や習い事で彼女は作れるか~スポーツジムで出会いの体験談 の記事でも書きましたが、

スポーツジムで会った女性と合コンや飲み会をやったり、仲良くなった女性と、二人で食事に行ったりしたこともありました。

スポーツジムは、男女の出会いにも有効な場所です。


モテない男性にはモテない理由がある

時々、男で3,4人でつるんで、ジムに来ている人達を見かけます。

もちろん、人の自由なんですが、ジムに男でつるんで来る人達は、けっこうダサいなて思います。

ジムとか筋トレなんて、自分のペースでやるのものです。

わざわざ男同士でつるんで来る発想が、ダサいというかキモいです。

知り合いにも、男同士でつるんでジムに来てる人がいましたが、その集団の主は、長年彼女いない40代後半の人でした。

その長年彼女いない人を見ていると、明らかにモテない行動、女性と縁がない行動や生活をしています。

女性から見ても、絶対にモテない、嫌われる行動をしているのに、本人は勘違いして、「イケてる」と思っているのがまた痛いです。

その人の場合ですが、筋肉自慢したいのかジム内で露出したり、不潔感ある服装だったり、変な声出して筋トレしたり、それでいて自分はイケてると思い込んでいます。

筋肉自慢とかはしない方がいいですし、ジムの中でも、清潔感のある服装をした方がいいです。

その男性を例にしましたが、モテない時やモテない男性というのは、モテない行動や振る舞いをやってしまっています。



逆に、一人で筋トレに来ている人は、けっこうカッコいい人がいます。

カッコいい男性を見ると、程よい筋肉のバランスで、服装にも気を使っていたり、彼女いそうな雰囲気を出していたりしています。

私も自分のペースで一人で行きますが、同じように一人で来ている人と自然と話すようになったり、顔見知りや話す人が増えていきます。

私の場合は、受付けの女性とよく話すので、そういう日常の中の会話が楽しかったりします。

一人で来ている女性と自然と話すようになるてことも、たまにあります。

筋トレやジム通いは、一人で行って、自分のペースでやっている人の方が、かっこいいと思いますよ。

周りの人、付き合う人から影響を受けている

自分達は、無意識のうちに、付き合う人から影響を受けています。

真面目な人と付き合うと真面目になったり。

モテる人と付き合うと、自分もモテるようになったりとかします。

モテない男とつるんだり、モテない男性グループの中に属していると、自分もそうなっていきます。


あまりかっこよくない男が、かっこいい男とつるみ始めたら、少しかっこよく見えだしてモテるというのも、よくある話です。

モテたいと思う時は、モテる人と付き合うというのも有効です。


同級生や職場にモテる男性がいたら、仲良くなることをお勧めします。

私は20代の頃に、モテる友人がいて、彼がどんなファッションを選ぶか、どんな香水を選ぶか、女性にどんな風に声をかけて、どんな会話をして楽しませるかなど、目の前で見れて、肌で感じ取ることができました。

モテる男と一緒に飲みに行くとか、一緒に過ごすことで、その雰囲気や仕草、会話などを、真似して自分にインストールすることができます。

モテる男て、こんな雰囲気だなと、感覚でつかむことができます。

モテる男性の感覚を身につけるとモテるようになる

自己啓発本ではよく、成功したい時は、成功者の考え方とやり方を真似しろと言いますが。

成功者の持っている「感覚」をインストールすることが、一番大事だったりします。

モテる男性になりたい時は、モテる男性の持っている「感覚」をインストールすることです。

モテる男性の感覚を身につけると、自然とモテる男性の考えや行動になっていきます。

その感覚を身につける時は、モテる男性に直接会う、一緒にいるというのが、一番早いです。


モテない男性のモテない理由の根本的なところ

モテない男性の理由の根本的なことですが、女性目線じゃなく、自分目線だからです。

最初に出した、スポーツジムのモテない男性の例ですが。

自分目線で、自分はイケてると思い込んでいても、

女性から見たら、かっこ悪かったり、洋服のセンスがなかったり、おやじ臭いとか、自己中のコミュニケーションをとっている、全然イケてないということがあります。

この例は、勘違いの人ですが。

自分で、いくらかっこいいとか思い込んでいても、それを評価するのは、女性です。

モテル男性は、女性目線でいい印象がちゃんとできています。

清潔感ある髪型や服装をしていたり、オシャレしていたり、女性に対して気づかいがあるかなど、そういうところができています。

要は、モテる人は、人からどう見えているか、特に異性の目線を考えているから、モテる服装や会話などができるわけです。

モテる女性も、ちゃんと男性からどう見えているかがわかっています。

男性が喜ぶ表情とか、可愛い話し方とか、できてるわけです。

モテない理由がわからないという人は、自分目線だけで考えていて、女性からどう見えているかがわかってなかったりします。

「俺はカッコいいのに、モテない」という人は、例えば、不愛想だったりとか、自分からあまり挨拶しない、話しかけないとか、何かしらの理由があります。

それも、自分目線だから、「女性目線でどう見えているか」が、わかってないことになります。

モテない理由がわからない時は、「女性から、どう見えているか」を知り合いの女性に聞いてみることをお勧めします。

まずは正直に自分を認めることで、自分を変えていけたり、モテる自分を作っていけるようになりますよ。

今日はこの辺で。



PS,

「俺はモテル」「俺はイケてる」と、思い込みや自己暗示は大事です。

自己啓発や引き寄せの法則だけはまると、自己暗示だけで自分を変えようとする人が多いです。

女性からどう見えているかを考えないで、「俺はモテる」と1000回言ったところで、今の自分のままの現実が続きます。

自己暗示をやるなら、清潔感ある服装、姿勢、笑顔、女子を喜ばせる会話など、好かれる自分作りをやるのも必要です。

女性目線を考えて、好かれる自分作りをやりながら、自己暗示をすれば有効に働きます。