鈴木

昔は、女性に話しかける時に、嫌がられないかなと気にしていました。

ビクビクしながら話しかけて、かっこ悪い体験もしたことがあります。^^;
ある時から、自然と話しかけれるようになりました。

女性に話しかけていいのだろうか、嫌がられないのか

ナンパでも、日常で出会う女性に話しかけるにも、「話しかけていいのかな」とか「声かけて嫌がられないかな」とか、考えてしまいませんか?

私は昔、「女性に話しかけていいのかな?」「話しかけたら、嫌がられないかな」と思っていました。^^;

話しかけるに、ほんの少しの勇気もいりますしね。

最近では、ジムの受付女性や、カフェの店員など、日常で会う女性には、ためらわずに話しかけるようにしています。

練習すれば、たいていのことはできるようになる

実体験を通して思うのが、なんでも、「慣れ」だなあと思います。

初めてパソコンを触った時は、キーボードもろくに打てなかったのが、触り慣れてくると、だんだん早く打てるようになります。

今やっている仕事も、最初は難しかったことでも、慣れてきたら、自然とできるようになりますよね。

女性に声をかける、話しかけるのも、練習すればできるようになります。

そして、回数を重ねると慣れてきて、自然になっていきます。

必要なのは、少しの知識と、少しの勇気です。

話しかけられるのは、女性としても嬉しい

女性側の心理として、「話しかけられたら、嬉しい」と思う人もいます。

ナンパは嫌だと言い、冷たい態度をとる人でも、「話しかけれた行為」自体は、悪い気はしていないと言います。

男性に話しかけられるのは、女性として認められた、女性として魅力がある、価値があるからです。



反対に、男性に全然話しかけられない女性もいます。

自由に話しかけていい、婚活の場所でさえも、男性に話しかけられない女性もいるわけです。

道端で話しかけれるナンパも、日常のふとした時に話しかけられる行為も、女性としての魅力や価値があるからだと思うことができます。

「あなたは魅力的ですよ」と思われて、話しかけられたら、女性心理としても嬉しいですよね。

女性に話しかけるというのは、その女性を喜ばせる行為になります。

そう考えると、声かける時の心理的な抵抗がなくなって、話しかけやすくなります。


ある時から、

女性に話しかけること=女性を喜ばせること、あなたが魅力的だから話しかけている

と考えるようにしました。

そう考えるようにしてから、自然と話しかけれるようになりました。

もちろん、中には、話しかけられるのが嫌な女性もいます。

その時は、この女性はそうなんだあと思うだけです。

声かけられるのは、女性として魅力的だから

このことをわかっている女性は、話しかけると、笑顔で話してくれたり、喜んでくれたりします。

ナンパではなく、よく行く場所の店員さんなど。

話しかける時に、注意があります。

ボサボサの髪や、よれよれの服では、「何この人、気持ち悪い」と思われたりします。

髪をカットしていて、綺麗なシャツやジャケットなどを着て、清潔感ある服装をして、最低限の嫌われない自分作りをしておく必要があります。


少し、女性側の立場になって考えてみて下さい。

A,髪がボサボサの、よれよれの服を着ている男性に話しかけれる

B,髪がカットされていて、きれいなジャケットを着て、清潔感ある男性に話しかけられる

どちらが、嬉しいでしょうか?

自分が女性なら、後者の方が嬉しいですよね。

好みだとか、恋愛に発展しなくても、清潔感ある男性に話しかけられたら、嫌な気持ちにはなりません。

女性としても、嬉しい気もちになります。

日常的に会う場所で、話すようになったら、仲良くなれるかもしれないし、出会いが広がるチャンスにもなります。

「話しかけられたら、女性も嬉しい」と思って、話しかけると、笑顔が返ってきたり、本当にそういう現実になっていきますよ!